HOME > スキンケア > パールピール

スキンケア
肝斑療法
シミ・くすみ・美白
シワ・たるみ
毛穴の開き・黒ずみ
赤ら顔
ニキビ・ニキビ跡
美容外科
二重・目元
リフトアップ
脂肪吸引
ワキガ・多汗症
豊胸・バスト
鼻・唇・耳・輪郭
医療痩身
脂肪吸引・痩身
頭皮外来・女性外来
頭皮外来
女性外来
医療レーザー脱毛
男性の方へ
医療用コスメ

美容医療の現場で生まれた医師が作ったピーリング剤パールピール

特徴

今までのピーリング剤は皮膚の状態を見ながら施術しなければ化学熱傷のリスクがありました。
また終了時には酸を中和するために中和剤の塗布が必要でした。
しかし、このパールピールは塗布して8分程度置いてから水で流すだけでハリのあるお肌に生まれ変わります。
中和剤を使う必要が無いので施術後のストレスもなくそのままお化粧して帰宅できます。
医療現場で医師が作ったピーリング剤で、お肌にもやさしく安心して施術できます。
施術後はすぐにお肌のハリやきめ細かさを実感できます。

治療のポイント

パールピール
  1. 施術部位の水分をしっかり拭き取ります。
  2. 目に入らぬように座った状態で目の下から始めて顔全体にパールピールを出来るだけ伸ばし塗布します。
  3. 放置時間は多少長くてもいいですが8分ほど塗布した状態で待ちます。その間、ピリピリ感が出てくることがあります。
  4. 塗布したパールピールを水でしっかり洗い流してください。

治療の効果

パールピールを塗布することで皮膚に強酸性が作用します。
ところがパールピールでは強酸性の作用が皮膚の表面のみに限局(特許出願技術)されます。
そのため強酸性の作用は表皮より下層に行くことはありません。
酸によるピリピリ感が少しある(施術部位によっては全くない)だけです。
皮膚表層では刺激を受けたことを認識しコラーゲンを増殖させます。
パールピールによる作用は表層だけなので直ぐに修復され、多く生成されたコラーゲンは、まるで成長因子が活性化したかのような肌のキメを整え、肌に張りやツヤを与えます。